社員が感動しない商品で、お客が感動するはずがない…ソニーをワクワク企業に再生させた社長のひと言

社員が感動しない商品で、お客が感動するはずがない…ソニーをワクワク企業に再生させた社長のひと言

2012年04月12日、ソニーの経営方針について説明する平井一夫社長(東京・港区)※肩書は当時。 - 写真=時事通信フォト

2012年度まで4期連続で赤字だったソニーの業績が急回復している。直近の決算では連結営業利益が1兆円を超え、過去最高益を更新した。一橋大学の野中郁次郎名誉教授は「『元気なソニー』へと再生を成し遂げた立役者は、平井一夫氏(前会長)だ。平井氏が定めた『感動』というパーパスが、社員の煮えたぎる情熱のマグマを解き放ち、ソニーを変えた」という――。※本稿は、野中郁次郎『野性の経営 極限のリーダーシップが未来を変える』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。

■ソニーは4期連続の赤字から過去最高益にまで復活した

最近のニュースで久しぶりにワクワクしたのは、ソニーグループとホンダがEV事業で提携したニュースだ。戦後日本の復興を支え、世界における日本企業のイノベーション力を顕示し、地位向上に貢献した2社がタッグを組んだのである。100年に一度と言われる大変革期の自動車産業において、どんな新たな展開を見せてくれるだろうか。

ソニーグループは、リーマン・ショック後の2009年3月期に最終赤字に陥り、2012年度までに四期連続で赤字を計上した。しかしその後、2016年3月期に黒字に転じたあとは、順調に業績を回復していった。2021年3月期決算でソニーグループは初めて純利益が1兆円を超え、時価総額も15兆円を超えて21年ぶりに過去最高を更新し、2022年3月期決算も連結営業利益で1兆円を超え、こちらも過去最高を更新した。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)