何の役にも立たないけれど…私が10万円以上する「単なる鉄の棒」を買い集めて満足しているワケ

何の役にも立たないけれど…私が10万円以上する「単なる鉄の棒」を買い集めて満足しているワケ

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Elena Goncharova

商品の「適正価格」とはいくらなのか。マーケティングに詳しい小阪裕司さんは「原価や仕入れ値から価格を決めてはいけない。重要なのは、お客がその商品にどれだけの価値を感じるかだ」という――。※本稿は、小阪裕司『「価格上昇」時代のマーケティング』(PHPビジネス新書)の一部を再編集したものです。

■原価から価格を決めるのは時代遅れ

あなたはある品物の価格を決める際、どのような基準で決めているだろうか。

最も一般的な価格決定の方法はおそらく「原価や仕入れ値から決める」というものだろう。

メーカーなら、製造原価率30%などと設定し、たとえば製品一つ当たりの原価が1000円なら、3300円くらいの価格を付ける。そして、その商品を仕入れた小売業なら、仕入れ価格35%上乗せした価格で販売する、などである。

だが、「30%」「35%」という数字に、それほど明確な根拠がない場合も多い。過去からの経験則であったり、利益を出そうと調整しているうちにこの数字に落ち着いた、というケースが多いのではないだろうか。

私は20代の頃、婦人服を売る会社に勤めていたのだが、当時の価格設定はバイヤーの経験則だった。通常は仕入れ価格に35%くらい上乗せした値付けをするのだが、「この商品はもう少し安くしたほうが売れそうだ」と思ったら20%にしたり、逆にリスクを考えて40%にしておこう、などということで価格を決めていく。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)