仕事は週2日 年収100万「20代での隠居」

仕事は週2日 年収100万「20代での隠居」

積んできた桑の葉でつくる桑茶(写真:著者提供)

できれば働かないで生きたいという人がいる。大原扁理さんは、その理想を実現し、20代から東京で「隠居」生活を送っていた。今回は、年収100万円でも楽しく暮らすための方法と、その費用の内訳を公開。低収入の中でさらに貯蓄もできたという生活術とは?私は25歳〜31歳まで6年間、東京の片隅で「隠居生活」をしていました。2016年の秋からは、拠点を台湾に移し、引き続きのんびり暮らしています。

若くして隠居というと、膨大な親の遺産があるとか、株やITなどで儲けてアーリーリタイアしたとか、特殊な世界の話と思われるかもしれません。しかし、私はそのどちらにも当てはまらず、25歳で無職となったとき、貯金は20万円程度でした。隠居のために多額の貯金は必要ありません。

私の東京での隠居生活から、現在の台湾での暮らしぶり、どうやって隠居を実現させてきたのかをご紹介します。

隠居という言葉には、人によって異なるイメージがあるようです。広辞苑を引いてみると、「職をやめるなど世間から身を引いて気ままに暮らすこと」とあります。特に高齢者と限ってもいないし、職をやめる「など」と、幅を持たせるような定義で、それぞれ勝手に決めていいですよ、というような懐の広い印象を受けます。

私の場合、「社会とは生きていくのに必要最低限だけつながっておいて、あとは好きなことをする」という感じでした。

■「食べられる野草マップ」を脳内に作る

ほとんど自由時間なので、やりたいことをやったり、やらなかったりしていると、あっという間に1日が過ぎていきます。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)