外国人上司への"失礼"を避ける会話のコツ

外国人上司への"失礼"を避ける会話のコツ

外国人上司への"失礼"を避ける会話のコツの画像

職場に外国人の上司がやってきたらどうすればいいでしょうか。専門家は「大事なことは語学力よりも、『相手が日本人ではない』という前提を踏まえること」といいます。たとえば「今度の金曜日」や「今日はありがとうございました」といった言い方はNG。なぜダメなのか、どう話せばいいのか。具体的なポイントを聞きました。■外国人上司とのコミュニケーションが進むポイント

外国人上司を迎えた際、まずどんなことに気をつけて話せばいいのか?「語学力とは別に、外国人上司と一緒に仕事をする上では、ビジネスの習慣や文化的バックグランドの違いがあることを踏まえたコミュニケーションが大事になる」と話すのは、“仕事の英語パーソナルトレーナー”河野木綿子(こうの・ゆうこ)氏。河野氏は、以下の5点が重要だという。

(1)自己紹介の要素は4つ。最後にプライベートな要素を少しだけ混ぜる
(2)仕事の本題に入る前に「スモールトーク」で心の距離を縮める
(3)名前は大事。知っていると信頼につながる会話マナー
(4)ミスを防ぐ「5ピース」での伝え方
(5)日本の「当たり前」は通用しない。日本独自の商習慣の説明を

「日本では、上司が部下に『お前、これをやっておけ』とか、『だからお前はダメなんだ』といったことを気安く言いますが、英語圏ではあり得ません。こうしたやりとりは、パワハラだと受け取られかねませんから。『部下なんだから何をやらせてもいい』とは考えていませんし、上にいるからこそ、上司はみんなを丁寧に平等に扱っていかなくてはいけないと考えています」(河野氏)

日本人だけの上下関係に慣れていると、思い及ばない部分が多い内容である。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)