必ず腐敗する"多選知事"を許すのはだれか

必ず腐敗する"多選知事"を許すのはだれか

参議院議員 松沢成文氏

地方自治体で長期政権が目立ち始めている。今年7月には兵庫県の井戸敏三知事(71歳)が5期目の当選を果たした。8月には茨城県の橋本昌知事(71歳)が全国最多の7期目を目指して立候補する。当選すれば橋本県政は28年という超長期政権になる見込みだ。長く続ければ権力は必ず腐敗する。神奈川県知事として全国初の「多選禁止条例」を制定し、自らも2期8年で知事の座を退いた松沢成文参議院議員に、多選の問題点と多選を防ぐ方法について聞いた。■知事にゴマすり、利益誘導に励む議員たち

――松沢さんは神奈川県議会議員の頃から知事など首長の多選について警鐘を鳴らしてきました。多選はなぜいけないのですか?

【松沢】私が県議会議員になったのは5期20年も続いた長洲一二知事の時代です。あの頃の県政を経験したことが私の多選批判の原点になっています。「権不10年」といいますが、長く続けば権力は必ず腐敗します。長洲県政も例外ではなかった。共産党を除いてオール与党といわれた議会では、知事による行政運営をチェックするのではなく、知事とのパイプを誇り自分の選挙区に利益誘導を図る議員が目立ちました。その姿が健全であるわけはありません。

多選による弊害はいくつも指摘されています。たとえば意思決定の独善化、側近政治の横行、職員の士気低下、いま述べたような知事と議会との癒着、さらには県が補助金を出している利益団体との癒着というものです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)