「150万の壁」で主婦の働く意欲は湧くか

「150万の壁」で主婦の働く意欲は湧くか

(左)鈴木美生子さん(右)橋本幸子さん

配偶者控除廃止の議論が盛り上がりましたが、廃止ではなく、控除条件が103万円から150万円に引き上げられることに。働く女性たち4人が、配偶者控除はどうなるべきか話し合います。
----------
鈴木美生子さん●FCAジャパン勤務。37歳。小1の子どもを育てながらフルタイムで働く。配偶者控除は受けたことがない。
橋本幸子さん●通信会社勤務。44歳。10年前に出産し、2年間の育児休業を取得した際、配偶者控除を受けた経験あり。
二十軒悠里さん●IT系企業勤務。35歳。結婚しているが子どもはいないので仕事にまい進。配偶者控除は受けたことがない。
小熊恵子さん●料理講師、野菜ソムリエプロ、ラジオ体操指導士として活躍。56歳。5児の母。103万円の壁を越えたことがない。
※働きながら学ぶ女性のためのビジネススクール、日本女子経営大学院の修了生4人にお集まりいただきました。
----------
■控除廃止の見送りはスッキリしない!

【橋本】「政府が配偶者控除の廃止を検討」というニュースを聞いたときには、構造的な税制改革が行われるという期待があったんです。それが、だんだんトーンダウンし、結局「控除限度額を150万円まで引き上げる」となってしまったのは、お茶を濁された感じで、すごく残念ですね。

【二十軒】私も、何かごまかされた感じがしています。「女性が輝く社会」「一億総活躍」という目標からきている改革のはずなのに、この結果はすっきりしない。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)