高学歴リア充夫婦ほど5年以内に離婚する

高学歴リア充夫婦ほど5年以内に離婚する

永田夏来『生涯未婚時代』(イースト・プレス)

日本で離婚するのは、結婚5年以内の夫婦が最も多い。アメリカでは子どもを持たないまま20代で離婚する高学歴カップルを「スターター・マリッジ」と呼ぶ。日本でも同様の事例が増えつつあり、「初婚は失敗して当たり前」と話す女性もいる。いま「結婚」をめぐって、なにが起きているのか。家族社会学者・永田夏来さんの著書『生涯未婚時代』(イースト新書)から、離婚経験者のエピソードを交えて紹介する。※以下は永田夏来『生涯未婚時代』(イースト新書)の第5章からの抜粋です。

■スターター・マリッジに見るこれからの結婚と幸福

アメリカのジャーナリスト、パメラ・ポールさんは『「短命結婚」の時代 スターター・マリッジ症候群』(原書房)にて、2000年代にアメリカで注目を集めたという新しいタイプの結婚、スターター・マリッジについて書いています。

恋愛にも積極的で高学歴のパワーカップルが大学卒業後20歳代のうちに結婚するが、関係がうまくいかず、子どもを持たないまま5年以内に離婚する。これが典型的なスターター・マリッジです。ポールさんの取材によれば、1965〜78年生まれのジェネレーションXと呼ばれる世代によく見られるものだそうです。女優のアンジェリーナ・ジョリーさんやドリュー・バリモアさんなどがスターター・マリッジの当事者として紹介されています。

5年以内に離婚するスターター・マリッジを「軽はずみな結婚」だとみなしてしまうのは簡単なことです。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)