本当は恐ろしい"男女で一線を越える行為"

本当は恐ろしい"男女で一線を越える行為"

写真はイメージです

恋愛、結婚、離婚、再婚、婚活、浮気、不倫……。世は変われども、男と女のいさかいが尽きることはありません。行政書士で男女問題研究家の露木幸彦氏のもとには、日々、そんな泥沼状態から抜け出さんと多くの相談者がやってくる。その痛切なトラブルエピソードをシェアし、ぜひ他山の石、もしくは人の振りみてわが振り直していただきたい。

第1回目(前編・後編)のテーマは、「一線を越える」行為に対する男女の意識差。ちょっと背筋が寒くなる話です。

■婚活で出会った相手が豹変して「地獄の沙汰」

夏本番です。

まぶしい太陽に目を細めると、嫌でも男性の目に飛び込んでくるもの。それは、ノースリーブ、キャミソール、ミニスカートといった夏の装いの女性たち、という男性もいるでしょう。より魅力的に映る女性たちに引き寄せられるのは男性としてある意味健全であり自然なことかもしれません。

しかし、ちょっと待ってください。この時期、男女問題研究家で行政書士の私にさまざまな相談が寄せられるのですが、とりわけ男性の“立ち居振る舞い”が悲劇を招く案件が急増するのです。

危険な落とし穴はいたるところにあります。屋上のビアガーデン、河辺のバーベキュー、そして海辺の海の家……。今までは女性に声をかけて親密な関係を築くことも少なくなかったでしょう。しかし、近年は「一夜限りの関係」のリスクが急上昇しています。

ある夏、偶然出会った2人。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)