大脱走しない"ミニオン"の巧みな印象操作

3週連続第1位の快進撃を続けている『怪盗グルーのミニオン大脱走』。シリーズ4作目で過去最大のヒットになっていますが、なぜ人気が出たのでしょうか。ライターの稲田豊史さんは「ミニオン推しという配慮に満ちた『印象操作』が成功した」と分析します。みなさん「ミニオン」が主役だと勘違いしていませんか?
----------
『怪盗グルーのミニオン大脱走』■製作国:アメリカ/配給:東宝東和/公開:2017年7月21日
■2017年8月5日〜8月6日の観客動員数:第1位(興行通信社調べ)


----------
■USJにエリアも誕生した大人気キャラ

CGアニメ『怪盗グルーのミニオン大脱走』が3週連続第1位の快進撃を続けています。同作は2010年から始まった「怪盗グルー」シリーズの外伝を含む通算4作目で、過去3作の興行収入は、12億円→25億円→52.3億円と倍々ゲーム状態。今作も立ち上がりは上々で、前作を超える最終興収が見込まれています。

原作はなく、ディズニーやピクサーのようなブランド力もないスタジオの作品だった「怪盗グルー」シリーズが、なぜこれほど人気になったのでしょうか。その立役者と考えられるのが、シリーズを通じて登場する約2頭身の黄色いキャラクター「ミニオン」たちです。日本での「怪盗グルー」人気は、ほぼミニオンのキャラクター人気に支えられているといっても過言ではありません。

ミニオンたちは本シリーズの主役である怪盗グルーの手下であって、主役ではありません。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)