小池氏が「日本ファ」の代表ではない事情

小池氏が「日本ファ」の代表ではない事情

2017年東京都議会選挙「都民ファースト」街頭演説(写真=つのだよしお/アフロ)

8月7日、小池百合子東京都知事の側近の若狭勝衆院議員は、記者会見を開き、「日本ファーストの会」の設立を公表した。これは国政進出に向けた動きなのか。そうとらえるのはまだ早い。現状では小池氏らは「全方位外交」を続けており、「国政新党」を立ち上げるには、ステップが必要だからだ。政策コンサルタントの室伏謙一氏が読み解く――。■見た目は「日本維新」とそっくりだが……

8月7日、小池百合子東京都知事の側近の若狭勝衆院議員は、記者会見を開き、「日本(にっぽん)ファーストの会」の設立を公表した。これについて、小池知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」の国政進出に向けた動きとする見方が広がっている。「日本ファーストの会」は「都民ファーストの国政政党版」と評する人までいるようだ。おそらく、かつて大阪維新の会が日本維新の会と銘打って国政に進出したことになぞらえているのだろう。

確かに見た目はそっくりだが、「日本ファーストの会」は、あくまでも若狭議員を代表者とする政治団体である。政治団体とは、政治資金規正法第3条第1項に規定されているように、(1)政治上の主義若しくは施策を推進し、支持し、又はこれに反対することを本来の目的とする団体、(2)特定の公職の候補者を推薦し、支持し、又はこれに反対することを本来の目的とする団体、(3)これらの他、a)政治上の主義若しくは施策を推進し、支持し、又はこれに反対する活動、b)特定の公職の候補者を推薦し、支持し、又はこれに反対する活動をその主たる活動として組織的かつ継続的に行う団体、のいずれかのことである。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)