「胸さわぎの腰つき」の具体的意味は何か

「胸さわぎの腰つき」の具体的意味は何か

スージー鈴木『サザンオールスターズ1978-1985』(新潮新書)

「勝手にシンドバッド」の強烈なインパクトを突破口に、日本のお茶の間に初めて「ロック」を響かせた初期サザンオールスターズ。しかしそのサウンドも、桑田佳祐のボーカルに乗せられた不思議なフレーズの数々も、よくよく考えればわからないことばかり。その謎に迫るとき、彼らの起こした「革命」の意味が見えてくる。※以下はスージー鈴木『サザンオールスターズ1978-1985』(新潮新書)の第1章「1978年―サザンオールスターズ、世に出る。」からの抜粋です。

■日本ロックの革命記念日

1978年6月25日、日曜日。神奈川県の天気は、曇りのち雨──。

この、どこにでもあるような休日こそが、日本ロックの革命記念日だったという話をしたい。それが、本書執筆の最大の動機である。

シングル≪勝手にシンドバッド≫の発売日。

日本のポップス、のちに「Jポップ」と呼ばれるカテゴリーにおいて、キーパーソンを3人選べと言われれば、松任谷由実、山下達郎、そして桑田佳祐であると、確信を持って答える。そして、この3人は、デビューアルバムの、それもA面1曲目から、そのありあまる才能を、惜しげもなく披露している。


----------
荒井(松任谷)由実:≪ひこうき雲≫(アルバム『ひこうき雲』)
山下達郎(シュガー・ベイブ):≪SHOW≫(『SONGS』)
桑田佳祐(サザンオールスターズ):≪勝手にシンドバッド≫(『熱い胸さわぎ』)
----------
この3曲について、商業的には桑田の圧勝である。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)