日本支社に放り込まれる外国人上司の悩み

日本支社に放り込まれる外国人上司の悩み

日本支社に放り込まれる外国人上司の悩みの画像

職場の上司がはじめて外国人になる――。そのとき、「どうしよう」と悩むのは、日本人だけではありません。外国人上司も同じように悩んでいます。彼らの「悩み」を解決できれば、自分たちの「悩み」も解決するはずです。「エクスパット」と呼ばれる日本駐在の外国人たちは、どんなことに困っているのか。専門家に聞きました。会社で人事異動があり、外国人の上司がやってくることになった。あるいは仕事で、外国人エグゼクティブと付き合うことになった……こんなとき、多くの日本人は「英語が話せるか?」という心配で頭がいっぱいになってしまうのではないだろうか。

「でも日本人の心配事なんて、それくらいでしょう?」と笑うのは、“仕事の英語パーソナルトレーナー”である河野木綿子氏だ。「『英語を話さなくちゃ!』という強いプレッシャーがあるかもしれませんが、プレッシャーはお互いさま。実は日本にやってくる外国人上司たちのストレスは、そんなものではないんです」(河野氏)

彼らは、どんなストレスを抱え、何に悩んでいるのか。円滑なコミュニケーションを図るには、どんなところに気をつければいいのだろうか。前回の「外国人上司への“失礼”を避ける会話のコツ」(http://president.jp/articles/-/22785)に続き、外国人エグゼクティブとスムーズにコミュニケーションをはかるための心構えやテクニックを、河野氏に聞いた。

■「エクスパット」とは?

グローバル企業の社員で、海外支社などに派遣され、長期滞在している人たちのことを「エクスパット」と呼ぶ。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)