LCC戦争を制したピーチの「物語」戦略

LCC戦争を制したピーチの「物語」戦略

LCC戦争を制したピーチの「物語」戦略の画像

流行の「コト消費」について、コピーライターの川上徹也氏は「成功しているビジネスとそうでないビジネスには、ある決定的な違いがある」と分析する。その好例が、格安航空会社・LCCの業界だ。業界内でも好調なピーチ・アビエーションについて、川上氏は「ピーチという人格(キャラ)がわかりやすい」と指摘する。なぜピーチは他社よりも「キャラ立ち」できたのか――。※本記事は、川上徹也『「コト消費」の?』(角川新書)の第3章「『世界一美しい眼科』で、飛ぶようにモノが売れる理由」を再編集したものです。

■なぜ「ピーチ」は勝ち残れたのか?

あなたはLCC(格安航空会社)に乗ったことがあるでしょうか? 私は一度の往復だけですが乗ったことがあります。

その一度の体験が「ピーチ・アビエーション」(以下「ピーチ」)でした。

2012年、日本はLCC元年と呼ばれました。「ピーチ」「エアアジア・ジャパン(現バニラ・エア)」「ジェットスター・ジャパン」の和製LCC3社が相次いで運航を開始したからです。

それから5年たった現在、他の2社が苦しんでいるのを尻目に、「ピーチ」は好調でその企業価値を創業当初の7倍にしたと言われています。

その理由はなんでしょうか?

もちろん数多くの理由があるでしょう。

拠点が成田空港か関西空港かの違いも、使い勝手に差が出ている可能性も大きいです。

しかし私は以下の理由が非常に重要だったと考えます。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)