八咫鏡、八尺瓊勾玉、草薙剣の『三種の神器』は陛下でさえ実物を見られず

八咫鏡、八尺瓊勾玉、草薙剣の『三種の神器』は陛下でさえ実物を見られず

記事まとめ

  • 陛下の信仰は神道であると考えられているが、その根拠のひとつが『三種の神器』である
  • 八咫鏡、八尺瓊勾玉、草薙剣の3つで、天皇の正統性の証であるとされてきた
  • 三種の神器は焼失したとの情報もあるが、陛下でさえ実物を見られず真偽は定かでない

天皇さえ実物をみられない「三種の神器」

天皇さえ実物をみられない「三種の神器」

島田裕巳『天皇は今でも仏教徒である』(サンガ新書)

一般に天皇の信仰は神道であると考えられている。しかし天皇自身が明言したことはない。なぜ神道だと考えられているのか。その根拠のひとつが「三種の神器」だ。さまざまな祭祀で使われているが、天皇さえ実物を見ることはできないという。それでは天皇の「神聖さ」とは、どういう意味なのか。宗教学者の島田裕巳氏が問う――。(第2回)※本稿は、島田裕巳『天皇は今でも仏教徒である』(サンガ新書)の「第1章 近代が大きく変えた天皇の信仰」より抜粋したものです。

皇居の奥深くにある宮中三殿

「はじめに」でもふれたように、一般には、天皇、あるいは天皇家の信仰は神道であると考えられている。だが、そのことを、天皇自身は明言していないし、憲法に規定されているわけでもない。

ではなぜ、天皇の信仰は神道であると言えるのだろうか。

その根拠の一つとなるのが、皇居にある「宮中三殿」の存在である。

皇居の西側の部分は、「吹上御苑(ふきあげぎょえん)」と呼ばれる。そこには、昭和天皇夫妻が住居とした「吹上大宮御所(ふきあげおおみやごしょ)」や現在の天皇夫妻が住む「御所(ごしょ)」があるのだが、そのほかに、宮中三殿が設けられている。一般の市民がそこに足を踏み入れることはできない。

宮中三殿は、「賢所(かしこどころ)」、「皇霊殿(こうれいでん)」、「神殿(しんでん)」と呼ばれる三つの建物からなっている。賢所が中心で、そこには、皇室の祖神とされる天照大神が祀られている。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)