降圧剤の基準値は異常に低いと医師が指摘 副作用でがんや敗血症になりやすいとの説も

記事まとめ

  • 降圧剤の基準値は異常に低いらしく、製薬会社の利益のためと医師が推測している
  • 降圧剤を1969年に服用している人は300万人だったが、いまや2000万人とも言われている
  • また、降圧剤の副作用として、がん、敗血症、認知症になりやすいとする説もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております