友達に時間を使うなら仕事に打ち込みたい

友達に時間を使うなら仕事に打ち込みたい

宗次徳二・カレーハウスCoCo壱番屋創業者

すぐに動ける人、最後までやりきる人は何を考えて行動に移しているのだろうか。トヨタ自動車の現場で「やりきる力」を学んだ原マサヒコ氏は、その行動様式を『Action! トヨタの現場の「やりきる力」』(プレジデント社)にまとめた。プレジデントオンラインでは原マサヒコ氏と「Action!」を続ける名経営者の特別対談をシリーズでお届けする。第2回はカレーハウスCoCo壱番屋(以下、ココイチ)の創業者である宗次徳二氏だ――。■判断に迷ったら、お客様を第一に考える

【原】トヨタの現場で自動車整備をしていましたが、毎日続けていると「ただの作業」に感じてしまうメカニックもいました。そんな時に先輩からよく「車を数字でカウントするな。1台1台がお客様の大切な車なんだ」と教えられていました。

【宗次】なるほど、自動車業界で問題になっている無資格検査や、新幹線の車両に亀裂が出てしまった問題などは、同じような感覚で少しずつ手を抜いていってしまったことが原因ではないかと思いますね。

【原】「目の前の仕事をこなす」というのが目的になってしまっているわけですよね。

【宗次】そう、こういうのは経営トップは分かっていても、なかなか現場に伝わりにくいものです。

【原】どうしたら常に仕事の意義を理解していられると考えますか?

【宗次】やはり常にお客様の声は聴かなければなりません。そのためには社長が誰よりも「超お客様主義」でなければならないでしょう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)