PR不要の慶應があえて箱根を目指すワケ

PR不要の慶應があえて箱根を目指すワケ

関東学生連合チームの8区を任された慶應義塾大学3年の根岸祐太選手。

慶應義塾大学がチームでの「箱根駅伝」への出場を目指している。昨春にプロジェクトを立ち上げ、今年の箱根では12年ぶりに学生連合チームへ選手を出した。他大学はPRを目的として選手をスカウトしているが、慶應ではスポーツ推薦は受け入れていない。なぜ箱根にこだわるのか。その背景を追った――。■スタートではなく、ラインに立った

箱根駅伝8区終盤の難所、藤沢の遊行寺坂を、白地に「K」のユニフォームがじりじりと登ってくる。関東学生連合チームの8区を任された根岸祐太(慶應義塾大学3年)は、第82回大会以来12年ぶりとなる慶大生の箱根ランナーとなった。間断なく飛ぶ声援。21.4kmの間に立った競走部の幟(のぼり)は400本。それだけでなく、慶應三田会の幟も視界に入った。付属の慶應義塾志木高から6年間「K」のユニフォームを着る根岸は「今までで一番慶應を感じた」という。

慶大は2017年春に「箱根駅伝プロジェクト」を発表。日体大、実業団チームの日清食品グループで活躍した保科光作氏をコーチとして招聘し、大学の協力で「ランニングデザイン・ラボ」を設立。研究領域とも連携した、慶大ならではの強化施策の準備を進め、1994年の第70回大会以来となるチームでの箱根駅伝出場を目指している。競走部創立100周年の節目に際して立ち上がったプロジェクトだが、きっかけを作ったのは長距離ではなく短距離のOBだった。

今大会から遡ること約2週間前、慶大日吉グラウンドの一室では、根岸の応援に向けた慶大競走部OBによる会議が行われた。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)