なぜ北朝鮮代表は"番狂わせ"ができるのか

なぜ北朝鮮代表は"番狂わせ"ができるのか

練習する北朝鮮ペアのリョム・デオク(右)、キム・チュシク組=2日、韓国・江陵(写真=時事通信フォト)

韓国・平昌(ピョンチャン)の冬季五輪に北朝鮮が参加している。北朝鮮が過去に冬季五輪で獲得したメダルは2つ。今大会では、フィギュアペアに期待がかかっている。直前まで国際大会にほとんど出ないにもかかわらず、五輪などの大舞台で結果を出せるのはなぜなのか。独自の育成方法の秘密とは――。■北朝鮮代表の冬季五輪メダル数は2つ

韓国・平昌(ピョンチャン)で開催中の冬季五輪。隣国の北朝鮮は、1月9日に正式に今大会への参加を表明した。北朝鮮代表が冬季五輪に参加するのは、2010年のカナダ・バンクーバー冬季五輪以来、8年ぶり。出場回数としては9回目(全23回中)となる。

今大会に参加する北朝鮮代表の選手数は、合計で22人(フィギュア、アイスホッケー、ショートトラック、アルペンスキー、クロスカントリーの計5種目)となる予定だ。この数は、1992年の仏アルベールビル冬季五輪の20人を上回る歴代最大規模となる。

北朝鮮の歴代メダル獲得数は、それぞれ銀メダル1個、銅メダル1個。初めて冬季五輪に出場した64年インスブルック大会では、ハン・ピルファ選手がスピードスケート女子3000メートル部門で銀メダルを獲得した。これは、アジア女性として初の冬季五輪メダル獲得であり、スピードスケート部門においてアジア勢が初めてメダルを獲得するという快挙でもあった。その後、92年アルベールビル大会では、ショートトラック女子代表のファン・オクシル選手が500メートル部門で銅メダルを獲得。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)