橋下徹「不当訴訟か否かは裁判で決めろ」

橋下徹「不当訴訟か否かは裁判で決めろ」

写真=iStock.com/DNY59

橋下徹氏がジャーナリストの岩上安身氏を名誉棄損で訴えたことに対し、「言論封殺目的で強者が弱者を訴えるSLAPP訴訟ではないか!?」と批判する声が上がっている。橋下氏はこれにどう応えるか。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(2月13日配信)より、抜粋記事をお届けします――。(略)

■名誉棄損を避ける「プロのノウハウ」

僕が岩上安身氏を訴えたことに対して、「SLAPP訴訟だ!」と批判する人がいる。SLAPP訴訟とは、たとえば名誉棄損で訴えられた者が、その訴えは不当訴訟だ、と反論するときに用いる最近流行の概念である。

しかし近代国家では、訴えることは自由だ。最後は裁判所で決着を付ける。SLAPP訴訟とういうものは、「表現者の表現を封じる目的で、恫喝的に行う訴訟」とも定義されている。そのように定義するのは自由だが、だからといって訴える権利が制限されるものではない。

表現をする者は、常に訴えられる覚悟で表現をしなければならない。プロのジャーナリストであるなら、訴えられても絶対に負けはしないというプロの仕事としての表現をしなければならない。

事実の指摘なのか、見解・意見の表明なのか。事実の指摘なら、それは真実か。そして、仮に真実でなかった場合に備えて、しっかりと調査・確認をしたか。見解・意見の表明なら人格攻撃・差別表現にあたらないか。「あほ・バカ」というギリギリの表現で攻めるなら、そこは大丈夫か?

表現をする場合には、このチェックが必要不可欠である。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)