産経も目を向ける"貧困高齢者"の焼死事故

産経も目を向ける"貧困高齢者"の焼死事故

2018年2月6日、火災で11人が死亡した自立支援関連施設「そしあるハイム」と、近くに設置された献花台(写真=時事通信フォト)

札幌市の共同住宅で火事が起き、11人が亡くなった。暮らしていたのは体の不自由な高齢者や低所得者。施設の運営者は「防火設備にお金をかける余力はなかった」と話している。社会的な弱者の集まる施設で、大規模な火事がたびたび起きている。どう防げばいいのか。ジャーナリストの沙鴎一歩氏は「弱者への共感を広げる必要がある」という――。■最後のよりどころ襲った火災

またもや体の不自由なお年寄りや低所得者が暮らす共同住宅で火事が起きた。11人もの命が奪われた。彼らの最後のよりどころを襲った悲惨な火災である。

火災は1月31日の深夜、札幌市の生活困窮者向けの共同住宅「そしあるハイム」で発生した。建物は木造2階建ての旅館を改造したもので、自立支援を促す民間事業所が運営していた。各部屋に石油ストーブがあり、1階には灯油タンクが置かれていた。

消火器は1、2階にあったが、共同住宅という位置付けからスプリンクラーの設置や避難訓練の義務はなかった。夜間は職員が不在だった。

これまでも生活保護を受ける人々が住む施設で大規模な火災が発生し、多くの犠牲者を出し、その度に防火設備の不備や行政対応の遅れが指摘されたが、今回のそしあるハイムも資金繰りが苦しく、初期消火に役立つスプリンクラーの設置に回す費用がなかったという。

今後、そしあるハイムのような施設の安全をどう確保していけばいいのだろうか。国や自治体の行政の対応だけで問題は解決するのだろうか。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)