"天皇の即位"以外で改元した古代人の理屈

"天皇の即位"以外で改元した古代人の理屈

図表1 日本で一番多く使われているのは「永」(画像=『元号と日本人』より)

「改元」はどのような時に行われてきたのか。改元理由の多くは天皇の即位だ。だが、かつては「珍しい亀が見つかった」「病を治す泉を発見した」といった、吉兆に由来する改元も行われていた。背景には「政治的な演出」があったという――。※本稿は、プレジデント書籍編集部著、宮瀧交二監修『元号と日本人』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

■日本の元号で一番多く使われているのは「永」

中国の元号数は、元号が制度化された唐の建国(618年)から辛亥革命によって清が滅亡するまで(1911年)の間で189とされている。一方、日本は「大化」(645年)から「平成」(1989年)までを合わせると247もあり、数だけで比べると、意外にも日本のほうが多い。

ただ、元号に使用された文字の種類は、中国が148字、日本が72字となり、中国のほうが多いのだ。日本は中国の約半分の72字で247もの元号をつくり出していることになる。なかなか興味深い事実である。ここに、中国と日本の元号で多用された文字を一覧でまとめたが、日本で一番多く使われている文字は「永」で、29回も使われている。

中国の元号と比べて特筆すべきことは、日本の場合、元号の重複がないという点である。

中国では「建武」「太平」の元号はそれぞれ5回、「永興」「太和」はそれぞれ4回も使われている。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)