アマゾンゴーに意外と多くの店員がいる訳

アマゾンゴーに意外と多くの店員がいる訳

※写真はイメージです(写真=iStock.com/400tmax)

アマゾンゴーは「無人コンビニ」と紹介されることがある。しかし、それは大きな間違いだ。レジに人はいないが、店内にはキッチンがあり、サンドイッチを手作りしている様子が確認できる。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授は「省人化で顧客の利便性を高めている一方で、人の仕事として残すべきものを考え抜いている」と解説する――。■シアトル午前11時「アマゾンゴー」に入る人たち

2019年1月4日金曜日、お昼にはまだ少し早い午前11時の米国シアトル。「アマゾンゴー(Amazon Go)」の1号店には、近隣の会社員風の人たちが慣れた様子で吸い込まれていく。観光客とおぼしき人は少ない。

入り口の右側には「Just Walk Out」(「ただ立ち去るだけ」)という看板が見える。アマゾンゴーにはレジはない。スマホに表示させたQRコードで入店し、あとは陳列棚から商品をピックアップするだけ。店を出る時、自動的にアマゾンIDで決済され、スマホに電子レシートが送られてくる。アマゾンはこの一連の決済について「ただ立ち去るだけ」と表現しているのだ。

私もスマホにインストールしたアマゾンゴーのアプリをタッチし、即座に現れたQRコードをゲートにかざして入店してみる。

入り口正面には、サンドイッチやサラダコーナーがあり、そのすぐ近くには、ドリンクコーナーもある。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)