汗をかきにくいとなぜ不調になるのか

汗をかきにくいとなぜ不調になるのか

※写真はイメージです(写真=iStock.com/itakayuki)

いよいよ梅雨の季節。シトシト降り続く雨に気分がめいってしまうことも。そんな芒種(ぼうしゅ)の季節に起こりがちな心身のトラブルと対処法を知り、スッキリ乗り切りましょう。■雨の季節到来! 水分管理で肌トラブルを回避しよう

6月6日〜6月21日は芒種です。芒種は、稲や麦など穂の出る植物の種をまく時期と言われています。元々は、稲の穂先にある針のような突起を芒(のぎ)ということから芒種と呼ばれるようになりました。季節としては、シトシトと雨が降り、梅雨がはじまります。

この時期は気温が高い割にジメジメとしているため汗をかきにくく、水分代謝がうまくいかないことで肌トラブルに発展しやすいのが特徴。そのため、水分管理やスキンケアが重要となります。

芒種の季節のはじまりの初候は、カマキリが生まれる時期で、田畑でよくカマキリを見つけます。また、ラッキョウや、海ではアイナメが旬を迎え、苗代苺(ナワシロイチゴ)の赤く甘い実が熟してきます。

季節が進む次候では、ホタルが明かりをともして飛び交う幻想的な風景が見られ、トマトやスルメイカが旬を迎えます。終わりである末候には、梅の実が熟して色づき、スズキが旬を迎え、野山をはじめとするいたるところでツル性植物のスイカズラが勢いを増してきます。シトシトと降る雨の恵みに、梅雨のはじまりを感じる時期です。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)