キーエンスが年収2000万超を払える理由

キーエンスが年収2000万超を払える理由

キーエンスが年収2000万超を払える理由の画像

平均年収2088万円と日本一の給与水準を誇るキーエンス。給与が高いだけでなく、業績も7期連続で最高益と絶好調だ。なぜそんな経営が可能なのか。公認会計士の川口宏之氏は「自己資本比率が94.4%と、超盤石な財務基盤をもつ。その結果、取引先への金払いがいいので、価格競争で優位に立てる。いわばGAFAと逆張りの戦略だ」と分析する――。■日本が誇る超優良企業の実力

日本が誇る超優良企業といえば、その筆頭に挙がるのはキーエンスだろう。

同社は工場の自動化に不可欠なセンサー機器や画像処理機器などの開発から販売までを手がける。一般消費者との接点がないBtoBビジネスのため、知名度はそれほど高くないが、順調に成長を遂げている。

決算書に目をやると、2019年3月期の純利益は2261億円と7期連続で最高益を達成。さらに社員の平均年収は2088万円(2018年3月期の有価証券報告書)で、会社四季報によると日本一給料が高い。2012年3月期には1321万円だったので、767万円も増加している。

人件費が多ければコストがかさむ分、利益が小さくなるのがふつうだ。しかし、2019年3月期の連結損益計算書を見ると、営業利益率は54.1%と突出している。キーエンスが属する電気機器業界において、平均の営業利益率は6%程度なので、約9倍の利益率である。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)