生保トップが"エアロビクス"を始めた理由

生保トップが"エアロビクス"を始めた理由

朝日生命保険会長 佐藤美樹氏

■30代までは「仕事漬け」

現場・現物・現実の「三現主義」が仕事に向かうときの信条です。何か問題が起きたときには本社の会議室で知恵を絞るよりも、現場へ足を運んだほうが解決策は浮かびやすいと思うのです。この考えは大学時代から一貫しています。

忘れられないのは、卒業前に1人でインドを旅したことです。日本では想像もできないような貧困に触れたことで、私の世界観は大きく変わりました。ありがたくないことに強盗被害にも遭いましたが、それだけの貧困がインドには蔓延していたということです。

社会人になってからも「現地を見てみたい」「実地で経験したい」という思いは変わらず、むしろ大きく膨らみました。若い頃は配属先で仕事を覚えると別の部署のことも知りたくなって、1年か2年で異動願いを出す、の繰り返しでした。30代半ばにはいわゆるMOF担(金融機関における旧大蔵省担当者)として、官僚や同業他社、異業種など社外の人々の発想や行動原理を学ぶ機会にも恵まれました。

ただ、その間は文字通りの仕事漬けです。MOF担時代などは、毎日深夜まで働いていました。

「これだけでいいんだろうか?」

ふと、そんなことを考えたのは、本社の企画課長になった40歳のときです。

平均的な日本人男性が80歳まで生きるとしたら、40歳はちょうど折り返し点。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)