企画への"ダメだし"がそのままビジネスに

企画への"ダメだし"がそのままビジネスに

「ニューヨーク」と名付けられた会議室にて。会社ではカジュアルな服装。

■ビジネスへのダメ出し、この1時間がほしかった!

ビザスクCEO 端羽英子(はしば・えいこ)さん東京大学卒業後、ゴールドマン・サックス証券などを経て、アメリカの名門マサチューセッツ工科大学でMBAを取得、と輝かしい経歴に彩られた端羽英子さん。日本に帰国後は、ファンド会社に就職し、5年働いた後に現在のビザスクを起業した。

「ECサービス事業を考えていたのですが、アドバイスがほしくて、同様にEC事業を立ち上げた方をご紹介いただいたのです。そうしたら1時間こってりダメ出しをされました。でも当事者ならではの意見の連続にお金を払ってでも、もっと早く聞きたかったと思って。その経験から、モノを売るのではなく、仕事をしてきた中で培ってきた知見、専門性、知識そのものが価値になる、それを求めている人とマッチングさせるサービスでいこう!と考えました」

自身の実体験から1時間の「スポットコンサルティング」のマッチングを始めた端羽さん。起業当初、フルタイムで働いていたのは彼女だけでかなり大変だったが、2013年に経済産業省の事業の1つに採択されたことをきっかけに、徐々に経営は軌道に乗っていった。

「最初は、私のように子育て中の女性も空いた時間で知見を活用してくれるといいと思っていましたが、実際には登録アドバイザーのほとんどが男性。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)