謝られても「怒り」が鎮まらない人の特徴

謝られても「怒り」が鎮まらない人の特徴

※写真はイメージです(写真=iStock.com/AH86)

■その怒りは「闘争か、逃走か」

怒りは、人間だけではなく動物ももっている「感情」です。動物にとって、怒りを感じるときとは、例えば外敵が目前に現れたり、自分の身に危険が及んだりした「緊急事態」。だからこそ、急激な感情が生まれます。心理学では「闘争か、逃走か」という表現をするのですが、危機に直面した動物は、強烈なエモーション、「情動」によって突き動かされるため、怒りという感情は、強度が非常に高いのです。

闘争か逃走か。どちらにしろ身体的・生理的な活動を伴います。動物の体のメカニズムとして、よく知られているように、ホルモンの一種であるアドレナリンが分泌されることで、怒りは急激に高まります。そして、すぐには収まらない。謝られても怒りがなかなか鎮まらないのは、動物にとって自然なことなのです。

もちろん、人間は動物よりもより複雑な認知処理をしています。では、人間がなかなか処理できないほどの怒りとはどんなものかといえば、それは自尊心や、その人のよって立つ価値を傷つけられたときに生じた怒りです。そこでさらに、「何を傷つけたか」に無頓着な謝罪をされると、火に油を注ぐことになる。

個々人の度量も問題になります。能力や感情のキャパシティが大きければ「キレる」ほど怒ることはないでしょうし、反対にキャパシティが小さい人ほど、すぐに怒る。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)