「早慶に一番入りやすいのは高校」の真偽

「早慶に一番入りやすいのは高校」の真偽

「プレジデントFamily2019夏号」(6月5日発売)の特集は「わが子を慶應に入れる」。慶應OBの経営者インタビューや、付属校の受験問題の傾向・対策のほか、早稲田・慶應、MARCH、関関同立など私立大付属校から大学への進学数なども紹介。

日本を代表する2大私学、早稲田と慶應義塾。どちらも大学進学につながる小学校、中学校、高校がある。それではどの時点で受験するのが最も入りやすいのか。中学受験塾を主宰する矢野耕平氏が「高校が一番入りやすい」という噂の真偽を検証する――。■私立大学の頂点はやはり「早慶」

「週刊東洋経済」の特集「最強私学はどっちだ? 早稲田vs慶応」(5月11日号)が受験業界で話題を集めている。また「プレジデントFamily2019夏号」(6月5日発売)は、はじめて「わが子を慶應に入れる」という特集を組んだ。「早慶」の人気は、この数年、さらに高まっているようだ。

早稲田大学の起源は1882年(明治15年)に設立された「東京専門学校」だ。創設者の大隈重信は、建学の精神として「学問の独立」を掲げた。父親、祖父と三代に渡って早稲田大学で学んだ予備校講師の田島圭祐氏は、早稲田の魅力をこう語る。

「早稲田は雑多としていて、自由な雰囲気が魅力です。京都大学に近いものがあるかもしれない。飾らない学生が多いですね。サークルの中にはかなり専門性の高いものがあり、そのまま社会に直結しているようなものも数多くありますし、著名な卒業生がゼミにふらっとやってきて、そこでつながれるような環境が用意されています」

一方、慶應義塾大学の創立者は福沢諭吉である。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)