飲み会に美人を呼ばない女性は得をするか

飲み会に美人を呼ばない女性は得をするか

※写真はイメージです(写真=iStock.com/kokouu)

写真を撮るときに半歩下がって小顔効果を狙うなど、ちょっとしたトリックで自分を魅力的に見せようとすることはよくあること。でも、他者との比較で優位に立っても周囲が感じる魅力は上がらないのだそう。それを実証した面白い実験を紹介します。■脳が最も美しいと判断する顔とBMIは?

少しでも自分を良く見せることができたら……。多くの人が望む事でしょう。特に女性の中には、職場仲間や女友達と写真を撮るときに半歩後ろに下がる人や、飲み会などの幹事になってメンバーを選ぶ時、自分よりスタイルや顔がよい人を選ばない人がいます。このようなちょっとしたトリックで、自分を周囲より美しく見せようとする人が身近なところにもいるのではないでしょうか。でも実のところ、それらトリックを利用してもその人の“魅力”は上がらないことが実証されています。

そもそもなぜ一歩下がったり、スタイルの良い人と並んだりすることを避けるのでしょう?

女性の身体評価の基準の一つに、body size(体型)があります。1327人の男性を対象に女性のbody sizeと美しさの関連性を研究したところ、男性が最も美しいと思う女性のBMI(body mass index)は、19〜20であったと報告されています(それ以降は、BMIの数値の上昇にともなって、評価が下がる。欧米での研究結果)。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)