バニラアイスがダントツ1番は日本人だけ

バニラアイスがダントツ1番は日本人だけ

バニラアイス人気 日本特有?

バニラアイスがダントツ1番は日本人だけ

日本での販売数量が1位の「ミニカップ バニラ」。発売35周年を記念し、6月にパッケージデザインを一新した(写真提供=ハーゲンダッツ ジャパン)

数あるアイスクリームブランドの中でも、高価格帯で圧倒的な人気を誇る「ハーゲンダッツ」。世界中にファンを持つが、日本ではバニラ味がダントツで販売数量1位なのだという。なぜ、日本人はそこまでバニラアイスが好きなのか。経済ジャーナリストの高井尚之氏がその謎に迫った――。■別格上位に君臨するブランドアイス

スーパーやコンビニで手軽に買える「家庭用アイスクリーム」の市場は年々拡大し、2017年度には「5000億円」の大台を突破した。この春夏もアイスメーカーやコンビニから新商品が発売されている。だが「アイス売り場」の激戦区で生き残るのは、ほんのわずかだ。

そんな家庭用アイス市場で、年間売上高100億円を超えるメガブランドは、1位「明治 エッセルスーパーカップ」(明治)を筆頭に、2位「パピコ」(江崎グリコ)、3位「パルム」(森永乳業)などがある。その詳細は「"アイスの王"スーパーカップ人気の秘密」(5月6日)でも紹介した。

だが、この順位は単品ブランドのランキングで、表には入らない“別枠1位”がある。それが「ハーゲンダッツ」(ハーゲンダッツジャパン)だ。高級アイスの代名詞として知られ、シリーズ全体の売上高は500億円を超える。

1984年に日本に上陸した外資系ブランドだが、現在も日本向けの新商品や限定商品を積極的に投入している。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)