学校任せだと子供の才能が潰れる根本理由

学校任せだと子供の才能が潰れる根本理由

『プレジデントFamily2019春号』では、「8タイプ別 才能を120%発揮する学び方」を詳しくリポート。イラスト=fancomi

人の知能はIQのような単一のものではなく8つある。ハーバード大学の心理学者が書いた人が持つ「8つの知能」に関する著書を翻訳し、日本に紹介した関西大学教授の松村暢隆さんは、「日本の学校教育の現場では、子供の個性に合わない学習方法を強いられている可能性が高い」という。8つの知能に適した学習法を紹介しよう――。■子供の個性に合わない学習方法を強いられる可能性がある

学校の勉強が苦手なわが子に対して、つい「ウチの子は努力が足りない」とか、「頭が出来が悪い」とか考えてしまう親は少なくない。しかし、実際はそうではなく、単に学習方法に問題がある場合も多い。

「プレジデントFamily2019春号」では、関西大学文学部教授の松村暢隆さんに取材した。松村さんによれば、いまの日本の学校教育では、その子の個性に合わない学習方法を強いられている可能性が高いというのだ。

松村さんは、2001年にハーバード大学の心理学者ハワード・ガードナー博士の著書『MI:個性を生かす多重知能の理論』を翻訳し、日本に紹介した。学校で子供の個性にあわせて才能を伸ばす「才能教育」の第一人者だ。

「ガードナー博士は、人の知能はIQのような単一のものではなく、8つあると提唱しました。人はこれらの知能を複合的に使っていて、それらの凸凹によって個性が決まるということから『多重知能(Multiple Intelligences=以下MI)』理論と呼ばれています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)