純ジャパの鈴木亮平の英語が超上手いワケ

純ジャパの鈴木亮平の英語が超上手いワケ

俳優の鈴木亮平氏(撮影=原貴彦、以下すべて同じ)

NHK大河ドラマ『西郷どん』で主役を演じた俳優の鈴木亮平氏は英語が堪能だ。日本生まれ、日本育ちの鈴木氏が、英語力を高められたのはなぜなのか。イーオンの三宅義和社長が、鈴木氏に聞いた――。(第1回)■今は「日本人としての演技」を磨きたい

【三宅義和(イーオン社長)】鈴木さんは俳優として大変素晴らしい実力をお持ちでいながら、東京外語大出身でもあり非常に英語が堪能です。将来、ハリウッド進出は考えていますか?

【鈴木亮平(俳優)】ハリウッドに関わらず、世界中の人とさまざまな国で仕事をしたいという思いは昔から思っています。と同時に、そのためにはまず日本語のお芝居をきちんと磨いて、日本にしっかりベースを持って、地固めをしておかないと足元がおぼつかない状況になりかねないとも思っています。

【三宅】さすがです。

【鈴木】最近は日本人が外国の作品に出ることが増えました。将来そういった場で活躍するためにも、今は「日本人としての演技」をもっと磨きたいと考えています。

【三宅】「日本人としての演技」とは何ですか?

【鈴木】いまの僕の課題ははっきりしていて、時代劇をしっかりと演じられるようになりたいということです。刀の腕前の話だけではなく、武士としての存在感やストイックさ、あるいは当時の日本人の考え方や受けた教育などを佇まいからきちんと匂わせることができるか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)