マスコミ勤務の50代が業界を脱出する訳

マスコミ勤務の50代が業界を脱出する訳

書評サイト「HONZ」代表の成毛眞氏(撮影=中央公論新社写真部)

これから日本では業界ごと消滅するような大変化がやってくる。元マイクロソフト社長で、HONZ代表の成毛眞氏は「なかでもいち早く衰退しつつあるのがメディア業だ。今回、50歳前後で転職などの『決断』を下した4人と対談したが、そこから学べることは多い」という――。※本稿は、成毛眞『決断』(中公新書ラクレ)の一部を再編集したものです。

■メディア業界が置かれている状況は「対岸の火事」ではない

『決断』というタイトルを冠した、転職などに伴うミドルエイジの「決断」について考えた新書を刊行した。この本で著者と対談していただいた4人は、50歳前後という共通の属性はあるものの、進んできた道も、「決断」した道もバラバラ。各人の「決断」の理由もさまざまだ。

ただし、「メディア」と呼ばれる産業・業界に属する人物であることは共通しており、老舗の大手出版社からベンチャー企業に身を投じた人もいれば、大手新聞社から独立した人、アカデミズムの世界に持ち場を変えた人もいる。会社に残り、着実に出世の階段を上っている人もいる。

近年の新聞や出版などの悲惨な状況は、ここでわざわざ論じる必要もないだろう。だからこそメディア業界は目まぐるしく変化を遂げており、それに伴い、転職市場も活発化している、というのがその背景でもある。

さて、「メディアの話なんて関係ない」と、ここで記事を閉じそうになっている人もいるかもしれないが、少し待ってほしい。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)