日本の会議はなぜ"独り言大会"になるのか

日本の会議はなぜ"独り言大会"になるのか

※写真はイメージです(写真=iStock.com/aerogondo)

日本の会議は、なぜ明確な主張がないまま「全会一致」を選ぶのか。明治大学の小笠原泰教授は「日本では説得力よりも『相手が納得するかどうか』を重視する傾向が強い。これは欧米人の『議論』とはまったく異なる」と分析する――。※本稿は、小笠原泰『わが子を「居心地の悪い場所」に送り出せ 時代に先駆け多様なキャリアから学んだ「体験的サバイバル戦略」』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

■日本の「議論」のイメージは攻撃的?

一般的に、「日本人は議論が苦手である」といわれていますし、そもそも議論が好きではないようです。「議論(意見)を戦わせる」などの用法に顕著なように、日本語の「議論」という言葉には、攻撃的な含意が強いからなのかもしれません。

また、日本人は、議論と関わる英語のcriticalを「批判・批評」ではなく、「非難」の意味で捉えたり、aggressiveを「積極的」というよりは「攻撃的」と否定的に捉えているふしがありますが、どちらの単語も英語では否定的な意味だけではありません。つまり、「こころ優しい」日本人は、言葉にせよ、態度にせよ、自分を積極的に他者に対峙させること自体、とかく攻撃的なので良くないと捉える傾向が強いのではないでしょうか。

しかし、加速度を増す不可逆なグローバル化に、日本社会がいや応なしに適応を迫られる中で、この問題を、日本は「こころ優しい」同質社会だから「議論の必要がない」などという説明で、もはや片付けるわけにはいかないでしょう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)