IT大国インドの強さは"60点主義"にある

IT大国インドの強さは"60点主義"にある

※写真はイメージです(写真=iStock.com/GCShutter)

なぜインドは「IT大国」として成長できたのか。現地でコンサルティング会社を経営する野瀬大樹氏は「日本人は何でも『100点主義』ですが、インドは『60点主義』。それだけ行動が早いので、世界中からお金と技術が集まる」という――。※本稿は、野瀬大樹『お金儲けは「インド式」に学べ!』(ビジネス社)の一部を再編集したものです。

■IT大国インドの躍進要因は「カースト制」と「60点主義」

「IT大国インド」という言葉を日本でも聞くようになって、ずいぶんたつ。

IT企業のアウトソーシングや研究開発拠点、さらにはIT人材の輩出国、しかも英語と数学に強い……。こうしたことから、「インドといえばIT産業」といっても過言ではないくらい、その競争力の高さは日本を含む世界に知れ渡っている。

ではどうしてインドが、これほどまでにIT分野でのし上がれたのか?

一般的に言われているのが、数千年以上の歴史をもつ独自の身分制度「カースト」の存在だ。実はカーストは現在、憲法では否定されているのだが、慣習としてインド社会に根強く残っている。

このカーストという制度の独特なところは、身分によって就ける職業に制約が課せられてしまうこと。極端な話、ゴミ拾いの家に生まれたら、息子も孫もずっとゴミ拾いのままなのである。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)