橋下徹「堺市長選・接戦勝利に意義あり」

橋下徹「堺市長選・接戦勝利に意義あり」

堺市長選挙で当選確実となり、日本維新の会の馬場伸幸幹事長(左)と握手する永藤英機氏=2019年6月9日、堺市堺区(写真=時事通信フォト)

「反・大阪都構想」論者であった竹山修身前市長の辞職を受けて行われた大阪府堺市長選挙で、大阪維新の会の永藤英樹氏が当選した。大阪府知事・大阪市長のダブル・クロス選挙に引き続き大阪維新が勝利したことで、大阪都構想の実現へ一歩近づいた形である。だが、実をいえば大阪維新の創設者である橋下徹氏が全面支援して2009年に初当選したのが竹山前市長だった。10年来の「因縁」を当事者の橋下氏が明かした。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(6月11日配信)から抜粋記事をお届けします――。■「接戦」と報じられた堺市長選挙だが、11%差は立派な勝利だ

6月9日、大阪の堺市長選挙において、大阪維新の会の永藤英機氏が勝利した。主要な相手は自民党元堺市議の野村友昭氏。永藤氏は13万7862票獲得。野村氏は12万3771票。約1万4000票差での勝利だった。

堺市は大阪府内において大阪市に次ぐ大都市であり、人口約82万人で有権者数は約70万人。投票率は、前回を約3.5%下回る40.83%だった。確かに4月7日に維新が大勝した、大阪ダブル・クロス選の勢いでそのまま押したという感じではなかった。

ゆえに、この約1万4000票差をとらえて、「維新の勢いがなかった」「予想外の接戦だった」などなど厳しい評価も散見され、永藤氏も当選確定後の記者会見では笑顔を見せることなく厳しい表情だった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)