歯を失うより恐ろしい歯周病の合併症

歯を失うより恐ろしい歯周病の合併症

口腔内に住む細菌は、多くの場合家族を中心とした他の人からの唾液を通じて感染する。その種類やバランスは人それぞれ。

口内環境の悪化は、全身の疾患まで引き起こすことがわかってきた。口内の悪玉菌を抑制することで注目が高まる「ロイテリ菌」の最新情報もお届け。■口の中の善玉菌と悪玉菌のバランスが口内環境を決める

歯周病とは、歯周病菌に感染することで起こる歯肉(歯ぐき)や歯槽骨(歯を支えている骨)など歯の周りの病気で、成人の約8割がかかっているといわれる。気づかずに放置すると病状が進行し、やがて歯を支える骨が溶け、歯を失うこともある。しかし、初期のうちは痛みもなく歯肉が腫れる程度なので、軽視しがちではないだろうか。

ところが近年、歯周病は口の中だけの病気だけにとどまらず、全身の疾患に関わっていることがわかってきた。アルツハイマー型認知症や脳梗塞、心筋梗塞、誤嚥性(ごえんせい)肺炎、糖尿病、早産・低体重出産、関節リウマチなどの全身疾病に、歯周病菌が関与しているというのだ。

私たちの口腔内にはおよそ300〜700種類の細菌が存在し、人それぞれのバランスで住み着いている。細菌は「常在菌(善玉菌)・日和見菌・悪玉菌」に分類され、バランスは常に一定ではなく、日々勢力争いを繰り広げている。

理想的なバランスは「善玉菌2:日和見菌7:悪玉菌1」。ところが、歯磨きが不十分だったり、唾液が少なくなったりすると、悪玉菌や日和見菌が暴走して、むし歯や歯周病のリスクが高まってしまう。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)