定時で帰るための"エクセル時短"5大テク

定時で帰るための"エクセル時短"5大テク

※写真はイメージです(写真=iStock.com/utah778)

謎解きイベントの企画を手掛けるクロネコキューブ代表の岡田充弘さんは、社員にITテクの習得を徹底させることで生産性を大幅に改善してきた。今回、その中でも特に頻繁に活用できて効果があるものを厳選。社長も社員も全員定時で帰れる会社が実践するエクセルテクとは――。もはやビジネスシーンで説明の必要がないくらい有名な表計算ソフトのエクセル。標準で実に豊富な機能が備わっていますが、たくさん知っていればいいというものではありません。仕事の目的に応じて、最短最小限の技だけ使えれば問題ありません。

あれもこれも覚えようとすると、途中で挫折してしまうばかりか、いざという時に思い出せず、けっきょく中途半端な活用に終わってしまうことでしょう。以下に、日常使いする便利なエクセル技を5つ厳選してご紹介します。

■1.エクセルを一発起動させる方法2つ

タスクバーに登録(図表1-1)【Win+番号】

エクセルに限らず、利用頻度の高いアプリケーションのショートカットをタスクバーに登録しておくと、キー操作だけでアプリケーションを一発起動させられるようになります。登録はショートカットをドラッグアンドドロップで移動させるだけです。

登録後は、Windowsキーと左から数えた1から10までの登録順の数字との組み合わせで一発起動させることができます。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)