脳梗塞の夫と「距離を置いた」本当の理由

脳梗塞の夫と「距離を置いた」本当の理由

ライターの三澤慶子さん(撮影=プレジデントオンライン編集部)

家族が病に倒れたら、看病に専念すべきなのか。ライターの三澤慶子さんの夫は50歳で脳梗塞になり、半身の後遺症が残った。三澤さんは「しんどいときも仕事はできるなら手放さないほうがいい。物理的に距離を置ければ、お互いつぶれてしまう危険を回避できる」と語る――。■「脳の病気はヤバい」全力で否定したかった

2014年2月、ライターの三澤慶子さんの夫(当時50歳)が脳梗塞を発病した。後遺症によって夫の右半身にはまひが残ったが、リハビリを続けながら仕事復帰。生業である映画評論家(※)として執筆活動を続けている。

※映画評論家の轟夕起夫さん

そんな一家の大黒柱を襲った突然の病と闘病の記録をつづった『夫が脳で倒れたら』(太田出版)の帯には、「“献身的”で、なくていい!」の文字が。その真意を、著者であり妻の三澤さんに聞いた。

――5年前の冬、旦那さんが脳梗塞になったときの状況を教えてください。

随分前から時々しびれがあって、違和感はあったようです。でもすぐに症状は収まるし、仕事も忙しいからと病院にかかることはありませんでした。

そうしていよいよ倒れる当日、彼の中でただならぬ異変が起きているようで、フラフラしながら「手がしびれる」「体がおかしい」と訴えてきました。「しびれ」が脳の病気の症状として出ることはなんとなく知っていたので、最悪の事態に備えて「一応、脳神経外科で診てもらおう」と病院へ向かいました。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)