海外投資家がドルを見捨て"金"に走る理由

海外投資家がドルを見捨て"金"に走る理由

貴金属ジュエリーの「GINZA TANAKA」が2017年に発売した純金製の「ダース・ベイダーライフサイズマスク」。幅約26.5センチ、高さ30センチで税込み価格は1億5400万円。(写真=AFP/時事通信フォト)

■背景にあるのは「米中貿易戦争」への懸念

5月後半、ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物の価格(金価格)は1280ドル/オンス程度で推移した。その後、31日に金価格は1300ドル台を突破し、6月11日現在、1326ドルと年初来最高値近辺まで上昇している。

背景には、金需要の高まりとドルの下落がある。もともと、金は最も価値が安定した商品と言われている。その金は、基本的にドル建てで取引されることが多い。そのため、ドルが上昇すると、金の価格は反対に下落する。逆に、ドルの価値が下落すると、その分だけ金の価格は押し上げられる。米国政治への不安心理から、市場参加者はドルを売り、ドル安が進んだ。それが金の価格を上昇させた。

それに加えて、先行き不透明感の上昇から、価値の安定した資産を保有したいと思う参加者が増えている。多くの投資家が米国や欧州の政治リスクを警戒している。そのほか、宝飾品などに使う金への実需も、金価格に影響を与える。

今後の展開を考えると、米中の摩擦は激化する恐れがある。それは、米ドルの信認を低下させ、金価格の上昇につながる可能性がある。金の価格がどう推移するかは、世界経済の先行きを考えるために重要だ。

■「さびない」「価値が一定である」という金の特性

金はさびない。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)