中年ひきこもりの原因は「甘やかす親」か

中年ひきこもりの原因は「甘やかす親」か

※写真はイメージです(写真=iStock.com/Sefa Kart)

ひきこもりの長期化・高齢化が問題になっている。働けない子供を持つ家庭の家計相談を受ける村井英一氏は「お金に余裕のある親が子供を甘やかしているという批判もありますが、お金を渡さなければ働けるようになるわけでもない」という――。■70、80代の親と、40、50代のひきこもりの子という「闇」

この5月から、ひきこもりを巡る殺人事件が立て続けに起きています。

5月28日には神奈川県川崎市で小学生の児童や保護者など2人が殺され、18人が負傷する通り魔事件が起きました。その場で自殺した51歳の容疑者は、長年ひきこもり状態だったと報道されています。

また6月1日には東京都練馬区で元農林水産事務次官だった76歳の男性が、自宅で44歳の長男を刺殺する事件が起きました。この長男もひきこもり状態にあり、家庭内暴力があったことから、「他人に危害を加えかねない」として凶行に及んだのではないかとみられています。

私はファイナンシャル・プランナーとして、ひきこもりなど働けない子供をお持ちのご家庭の家計相談を多く受けています。その意味でも、今回の2つの事件を知って、「何とか、ならなかったのか」と悲痛な思いでいっぱいです。

ひきこもりといえば、以前は20〜30代が中心で、国や自治体の支援も39歳までしか対象となっていませんでした。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)