バッグの中身でわかる意外な人の本質とは

バッグの中身でわかる意外な人の本質とは

(撮影=小林美菜子、以下すべて同じ)

お金をかけて投資するものというのはどうしても、まずは人目に触れるところからになるのが常。けれど、“じゃない”ところにどれだけ時間とお金をかけられるかが、実は人生の豊かさであり大人の楽しみに繋がっている。自分自身を喜ばせるところに、あなたはちゃんと投資できているだろうか?■目立たないところに投資する豊かさ

肌触りのいいシーツ、うっとりするほど美しいランジェリー、旅行バッグにしのばせるパスポートケース。普段他人からはあまり目につかないものや、「あってもなくても死なない」といわれるようなものに人知れずお金をかけるとき、私たちは豊かさを感じることがある。

その密やかな投資の陰には、特別にアピールしなくたって、積極的に日々を楽しもうとしている姿勢と「誰かに見られてもいいし、見られなくたっていい」。そんな信念を感じるからかもしれない。

働く女性として、身だしなみや持ち物のステイタスにこだわるのは至極当然なこと。けれど、パッと見の目立つ部分ばかりにこだわって、人目につかないところでとことん手を抜いていると、つくられた身だしなみは一気にハリボテ感が高まってしまう。それがどこか“ニセモノ”なのを、私たちは敏感に感じ取ってしまうのだ。

■「あなた不在」の仕事に周囲は興味がない!

他人からあまり注目されないもの、使用頻度の低いものへ投資するのは、日々の生活に余裕がなければできないこと。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)