平均退職金額が20年間で3023万円から1997万円へ減少 廃止したという企業も増加

記事まとめ

  • 厚生労働省の調査によると、平均退職金額が20年間で3023万円から1997万円へ減少した
  • 廃止したという企業も増加しており、存続しているが廃止論がくすぶっている企業もある
  • 現在40代の会社員は、定年時には退職金1000万円を切っている可能性もあるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております