橋下徹氏、あいちトリエンナーレ「表現の不自由展・その後」中止について見解を語る

橋下徹氏、あいちトリエンナーレ「表現の不自由展・その後」中止について見解を語る

記事まとめ

  • 愛知県知事が実行委員長のあいちトリエンナーレ「表現の不自由展・その後」が中止に
  • 言論の自由・芸術の自由とその制限はどうあるべきか、橋下徹氏が見解を述べる
  • 政治的要素のある展示物は全て認めるか禁じるかの二択で内容で判断してはならないとも

橋下徹「表現の不自由展が失敗した本当の理由」

橋下徹「表現の不自由展が失敗した本当の理由」

中止となった「表現の不自由展・その後」で展示されていた「平和の少女像」=2019年8月3日午後、名古屋市東区の愛知芸術文化センター - 写真=時事通信フォト

愛知県知事が実行委員長を務める大規模な現代アート展の一部、「表現の不自由展・その後」が中止に追い込まれた件で、批判派・擁護派の議論が過熱している。言論の自由・芸術の自由とその制限はどうあるべきか。大阪市長時代にヘイトスピーチ規制条例を制定した橋下徹氏が見解を述べる。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(8月13日配信)から抜粋記事をお届けします。■何が「ヘイト」か? 事前に判別するのは難しい

あいちトリエンナーレ「表現の不自由展・その後」に関する今回の騒動は、芸術の自由、表現の自由とその限界を考えるには絶好の教材だ。

(略)

これに類することとしてよく問題になるのが、役所が設置するホール等において政治集会を禁じることの是非である。特に、憲法9条改正反対などの集会が禁止されて、表現の自由の侵害だ! と問題になることが多い。

大阪市が設置する区民ホールは政治集会を禁じていなかった。基本的にはどんな政治集会でもOKである。後述するように、大阪市では全国初のヘイトスピーチ規制条例を制定したが、その過程における徹底した議論を基に、たとえヘイトスピーチの集会である疑いがあっても、事前に区民ホールの利用を禁止するわけにはいかないという結論に至った。

この点、朝日新聞的インテリたちからは、「ヘイトの集会なんだから、そんなの事前に利用禁止にしろ!」という声が上がった。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)