少年Aが繰り返し観た映画・書籍の実名リスト

少年Aが繰り返し観た映画・書籍の実名リスト

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/duncan1890

1997年、神戸市須磨区で起こった連続児童殺傷事件。その加害男性「少年A」は、観た光景をそのまま記憶する「直観像素質者」であった可能性が高いという。少年Aの作文から、読書・映画遍歴を、当時週刊文春記者だった森下香枝氏(現・週刊朝日編集長)がたどった――。※本稿は、松井清人『異端者たちが時代をつくる』(プレジデント社)の第6章「『少年A』の両親との20年」の一部を再編集したものです。

■少年Aの「懲役13年」はあまりに文学的

森下香枝・週刊文春記者(当時。現在は週刊朝日編集長)にとって、少年Aの両親の独占手記を『週刊文春』に掲載できたことは、大スクープではあっても、決してゴールではなかった。少年Aとは何者なのか、まだまだわからないことが多すぎると思っていたからだ。

たとえば、先に引用した「懲役13年」という作文は、難解なレトリックを駆使し、文学的な表現に満ちている。何人かの識者が、ダンテの『神曲』や、ニーチェの『ツァラトゥストラはかく語りき』の影響を指摘していたほどだ。

家では漫画ばかり読んでいて、通信簿には2と3しかない14歳に、なぜこの作文が書けたのか。少年Aの自宅には、ダンテもニーチェも一冊もない。

謎を解明するヒントは、少年Aが「直観像素質者」であることだった。Aは鑑定医に対して、こう話したという。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)