子ども連れ去られ、生き別れになってしまう父親や母親も 日本は「単独親権」を採用

記事まとめ

  • 子育て中心の人生を送っていた男性Aさんは、妻から5歳と3歳の子どもを連れ去られた
  • 男性は共同監護などを求める審判を申し立て、妻からは離婚裁判を起こされた
  • 事実上の生き別れになってしまう父親や母親は、日本では珍しくないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております