離婚後に相手の了解なしに子どもを連れ去る「実子誘拐」が横行 単独親権制度が問題か

離婚後に相手の了解なしに子どもを連れ去る「実子誘拐」が横行 単独親権制度が問題か

記事まとめ

  • 離婚後に「単独親権」を採るのは、G20の中で日本とインド、トルコだけだという
  • そのため日本では相手の了解なしに子どもを連れ去る「実子誘拐」が横行しているよう
  • フランス出身のフィショ氏は「実子誘拐は児童虐待で、深刻な人権侵害だ」と憤る

「娘が車のトランクに」日本で横行する実子誘拐

「娘が車のトランクに」日本で横行する実子誘拐

来日したマクロン仏大統領(右から2人目)と会談したフィショ氏(左) - 写真著作権=ランバー・ステファン氏並びSauvons Nos Enfants Japon

日本は離婚すると親権が父か母のどちらかにうつる。だが、こうした「単独親権」を採るのは、G20の中で日本とインド、トルコだけだ。ほかの国では離婚後も父母ともに親権がある「共同親権」のため、国際結婚ではトラブルが起きやすい。なかでも深刻なのが相手の了解なしに子どもを連れ去る「実子誘拐」だ??。■娘は車のトランクに入れられて「誘拐」された

2018年8月、東京・世田谷に住むフランス出身のヴィンセント・フィショ氏は、仕事から帰ると自宅が空っぽになっていたことに愕然とした。妻と3歳の息子、11カ月の娘が、忽然(こつぜん)と姿を消していた。一体何があったのか……。

両親の離婚後、子どもの親権について父親か母親かのどちらかに帰属する「単独親権制度」を採る日本。「相手方に取られる前に子どもの親権を自分のものにしたい」と、ある日突然、実子を連れ去る「実子誘拐」が横行し、外交問題にまで発展しようとしている。

フィショ氏の場合、妻側の弁護士から後日「今後のご連絡等はすべて当職までいただきたい」とする紙切れ一枚が届き、以来、子どもと会うことはおろか、連絡を取ることもできず、何をしているのかもわからない状態だ。

後で防犯カメラの映像を確認すると、彼の娘は自宅のガレージから車のトランクに入れられて実の母親によって「誘拐」されたという。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)