「40歳結婚→出産」の共働き夫婦を襲うリスク

「40歳結婚→出産」の共働き夫婦を襲うリスク

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/mykeyruna

老後資金のやりくりは、予想どおりにはいかないもの。本人もしくは配偶者が定年を迎えたシニア読者に、「わが身を襲ったお金に関する想定外」を尋ねたところ、5つのリスクが明らかになった。その全対策を名うてのFP・中嶋よしふみ氏が提案する。■退職金は20年間で30%以上も激減

「夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯では、老後資金として約2000万円を用意する必要がある」という金融庁の試算が発端となり、大騒動を巻き起こした老後資金2000万円不足問題。ライフプランは人それぞれで、老後に必要な資金は一律に語れるものではない。にもかかわらず政府が具体的な金額を出したことに疑問はある。ただ同時に「そこまで大きな問題にするほどか」と違和感を覚えたのも事実だ。多くの人が反発した気持ちはわかる。しかし、年金だけで生活できないことはわかっていたはず。

私はファイナンシャルプランナー(FP)としてお金に関する相談を数多く受けている。老後資金に関してこのところ実感しているのは、晩婚化が大きなリスクになっていることだ。破たんしそうな家計といえば、「無駄遣いが多い」あるいは「高額な家を買ってしまった」など、お金の使い方に問題があるケースを思い描くだろう。しかし、それよりも深刻なのは、結婚が遅く、高齢になってから子どもが生まれるケースだ。不妊治療のため、子どもを持つのがさらに遅くなるケースもある。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)