近視矯正でレーシックに代わる手術「ICL(眼内コンタクトレンズ)」が普及

記事まとめ

  • 近視の矯正手術は、かつては角膜をレーザーで削るレーシック手術が主流だった
  • ここ数年は、角膜を切開して眼内レンズを挿入するICL(眼内コンタクトレンズ)が普及
  • レーシックより術後の問題が起きにくいが、保険が利かず、費用は両眼で40万〜50万円程

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております