心理学者が教える、頑固な男性を「仕事でスムーズに納得させる」伝え方のコツ2つ



そんな男性ですから、当然のようにスポーツで身体を動かすのもスポーツの観戦も好きです。

そういうわけで、男性とおしゃべりするときには、スポーツ関連ネタが無難といえるでしょう。野球でも、サッカーでも、ラグビーでも、バスケでも、何でもかまいません。たいてい男性はどこかのスポーツチーム(や選手)のファンですから、雑談も盛り上がります。

■男性との雑談が盛り上がる3つの質問

「○○さんは、どんなスポーツが好きなんですか?」
「なるほど、△□ですか。好きな選手とかいるんですか?」
「何か面白いエピソードがあったら、教えてください」

こんな感じで水を向けてあげれば、男性はいくらでもしゃべりだすのではないかと思われます。女性は、男性に比べるとあまりスポーツをやったり、スポーツ観戦をしないのでわかりにくいかもしれませんが、男性と盛り上がるのはスポーツネタなのです。

英国ランカシャー大学のアン・コーリーは、9歳から15歳までの男女に、「だれでもいいのでスポーツ選手を描いてください。空想の選手でも、現実の選手でもかまいません」とお願いする実験をしたことがあります。

コーリーは、ただ「スポーツ選手」といっただけで、それが男性の選手であるとも、女性の選手であるとも言っていないのですが、男性のほぼ100%が、男性の選手の絵を描きました。

関連記事(外部サイト)